2019年G20大阪サミット関西推進協力協議会2019年G20大阪サミット関西推進協力協議会

G20大阪サミット開催に伴う交通総量の削減目標について

G20大阪サミット開催に伴う交通総量の削減目標について

2018.10.04

 2018年10月4日(木曜日)に開催された第1回「G20大阪サミット交通総量抑制連絡会」において、サミット開催に伴う交通総量の削減目標として、平日通常時の50%削減が必要との認識が示されました。
 G20大阪サミット開催両日(2019年6月28日・29日)及びその前後の計4日間については、高速道路や大阪市内を中心に頻繁かつ長時間にわたる交通規制の実施が予想されます。期間中は、マイカー利用の自粛、業務用車両の運行調整、行催事の日程調整など、削減目標の達成に向けて、皆さまのご理解・ご協力をお願いします。

 なお、実際の交通規制の具体的な内容等については、警察において検討が行われているところです。
 2019年G20大阪サミット関西推進協力協議会としましては、引き続き、府民、市民や事業者の皆さまへの影響が最小限になるよう、本連絡会等と情報共有を図り、できるだけ早期に規制内容等の情報をお知らせできるよう努めてまいります。

「G20大阪サミット交通総量抑制連絡会」

 「G20大阪サミット交通総量抑制連絡会」とは、G20大阪サミットの円滑な開催に資するため、自動車の利用自粛を促し、もって交通総量の削減を図ることを目的として設立。構成メンバーは次のとおり(順不同)。

構成メンバー:大阪府警察本部、2019年G20大阪サミット関西推進協力協議会、近畿農政局、近畿経済産業局、近畿運輸局、日本郵政株式会社近畿支社、近畿地方整備局、近畿管区警察局、西日本高速道路株式会社関西支社、阪神高速道路株式会社、関西経済連合会、大阪商工会議所、関西経済同友会

このページの先頭部へ戻る